神奈川で地域密着の自社施工の外壁塗装業者

昨今は地球温暖化が叫ばれる中、ゲリラ豪雨とか、竜巻突風の天変地異のたぐいが多発していますよね。
実際にマイホームが大きな被害を受けなかったとしても、こうした雨風の回数は年々増えていますから、きっとじわじわマイホームの寿命を縮めているだろうことは、誰にも想像できるのではないでしょうか。
こうした気候の変化に最も影響を受ける部分といえば家の外壁ですよね。
雨風で外壁塗装が薄れてくれば、雨が壁にしみこんでしまいます。
そうなると、木造なら外壁の内側にあたる木の部分が腐ってしまうし、鉄筋なら鉄が錆びたり、コンクリートがひび割れたりもするのです。
そんなときにまた地震が来たらと思うと、とても恐ろしいですよね。
だからこそ、ある程度の年数が経ったら定期的に補修しなければなりません。
とはいえ、高ければいいというものでもないのです。
というのも、建設業界には元請け、つまりはゼネコンと下請け、外注というものがあり、元請けに依頼すれば中間マージンも高くなってしまいます。
でも、直接受注して自社施工する業者と仕事の内容は変わらないのです。
だから、元請けと下請け、自社で請け負う外壁塗装業者をあわせると数が多く、信頼おける業者選びには悩むところでしょう。
例えば神奈川県で外壁塗装をお探しならSTCサンテックという会社があります。
自社で職人さんを抱え、自社で塗装している会社です。
ということは、安心価格、しかも小田原や海老名を中心に、神奈川県内で2000件以上の施工実績のある会社ですから経験も豊富に持っています。
また施工後は定期的に点検してくれますから、安心して任せられますよ。

http://www.schaferlake.com/sch/