EPAの良さ

EPAとは、よく聞くものの、具体的にどんなふうに体に良いのだろうと知っている方がどれくらいいるのだろう?と思います。
これは、EPAの正式名称エイコサペンタエン酸と呼ばれるものです。
おもな効果は、中性脂肪を下げるというもので、成人病や西洋の食事が進行している部分をうまくカバーしてくれる、重要な栄養素の1つです。
よく小さな頃から「お肉よりお魚が体によい」と言われて育った方も少なくないと思いますが、主に青魚などに含まれている栄養素のため、この言葉は利にかなっています。
といっても、お肉が好き、お魚はちょっとという方であれば、その栄養素の大切さを考えても、サプリメントなどで補っていくのも、良い方法なのかなあと思います。

http://www.schaferlake.com/sch/