駅前の需要の多いコインパーキング

日本は車社会になっていますが、その車の量に見合う駐車場がなく、仕方なく路面駐車を試みた人は多いはずです。
一昔前には土地の値段が高くなり、駐車場が十分確保できない頃もありました。
その頃は駐車場の数が少なく、社会問題化されていました。
しばらくして、土地バブルがはじけて、土地の価格の下落が続き、ようやく土地が柔軟に利用することができるようになり、駐車場の数が増えていきました。
しかし利用者から見れば、駐車場の利用の月極めや1回いくらといった様な利用方法が目立ち、利用しにくいものでした。
ここ数年の間に駐車場ビジネスが進化し、時間貸しという概念が根付く様になってきました。
何時から何時までは1時間いくらとか、1日最大何円とかという様に利用者が利用しやすいサービスが充実してきました。
それがいわゆるコインパーキングです。
このサービスは様々な会社がしのぎを削って、ニーズの多いエリアに積極的に進出していきました。
何よりもいいのは、利用する時間帯によっては、時間単価がことなり、利用者が少ない夜間の時間は、請求する時間単価が昼の時間帯と比べ、大幅に安くなっていることです。
土地活用のアドバイザーNTTル・パルク/コインパーキング駐車場経営

http://www.schaferlake.com/sch/