地方ではガス料金はなぜ安くできないのか?

都会では多くのガス会社があるため、価格競争が起こることで安い料金で提供しているところも多くなっています。
価格を高く設定していると、安い価格のところに顧客が逃げてしまう結果になりかねません。
都会では、選べる選択肢が多いことが価格競争に拍車をかけているわけです。
ところが、地方では、そのような価格競争が起こりにくくなっています。
販売ルートが狭い地域に限定されていることと、卸し元の系列が少ないことが影響しているようです。
販売店によって料金が違うことも多いのですが、安い販売店を見つけたとしても、すぐに乗り換えられるかというとそうではありません。
地方では系列店同士で顧客を奪い合うことを嫌う販売店が多いため、同じ系列の違う販売店に変更したいと申し出たとしても、その申し出を受け合ってもらえないこともあります。
このような状況が続いているため、ガス料金が高いと感じていても、仕方がないと感じている消費者が多くなっています。
つまり、販売店同士の利益を守るために、顧客がないがしろにされているわけです。
ですが、このような状況にも変化が起ころうとしています。
生活を防衛するため、顧客が自ら契約したい販売店を求めるようになったからです。
このような状況が加速すれば、地方でももっと安くガスが使えるようになるかもしれません。

http://www.schaferlake.com/sch/