iOSの圧倒的なシェア率とアプリ開発

主にパソコンで使われる基本ソフトは、各企業がそのシェアを分けあっています。
時期によってOSのシェアは増減を繰り返し、一人勝ちの企業は無いと言われています。
その一方で携帯端末の分野では、iOSという基本ソフトが市場を独走中です。
直感的なインターフェイス、初心者にも適したユーザビリティがその理由で、特に女性や高齢者から高い支持を獲得しております。
アプリ開発やゲーム販売を進めるなら、まずシェアの多い分野から、進めたほうが良いでしょう。
iOSはタブレット端末やスマートフォンで広く使われており、若者から女性、高齢者まで幅広いシェアを得ているため、アプリやゲーム開発の実験場としては最適です。
アプリ開発を進めるなら、積極的に社外のサービスと手を組んだ方が良いでしょう。
企画立案は社内で進め、大まかな製品デザインは内々で進め、具体的な実装作業は、社外の専門家に委託する等、役割分担がとても大切です。
アプリ開発やゲーム開発は専門的な仕事、社内のスタッフだけでは難航しますので、アウトソーシングのサービスを、積極的に利用し、メンテナンスやデバッグ、管理や保守なども、出来れば外部の専門業者に一任した方が、良いでしょう。

http://www.schaferlake.com/sch/